家族それぞれの幸せを願う一戸建て

家を建てる際に重要視したことは、家族がそれぞれの時間が持てて、尚且つ一緒に過ごせる空間があるかどうかです。

具体的には子供部屋があるのはもちろん、夫の書斎と、私の作業部屋を作りました。また、リビングを家の中心に作り、みんながいるかどうか分かったり、集合出来るように配慮しました。

家族がそれぞれのプライベート空間を持つことを考え家作りしました。

夫の趣味は本を読むことですので、書斎を作りました。また、私もパソコン作業をしたり、趣味のパッチワークをしたいと思い、ランドリールーム兼作業部屋を作りました。

机を高めに置いて、アイロンもできる作業台にしました。本当に使いやすいです。

また家の中心にリビングを作ったので、みんなで集まり映画鑑賞をしたり、1日であった出来事を話せる空間作りができました。

子供達は男の子と女の子ですので、部屋もそれぞれあります。

後悔しないように展示場やオープンハウス、知人の家にとにかくお邪魔して目を養うことです。そうすれば自ずと何が自分たちに必要かわかります。

Comments are closed.