注文住宅の一戸建てで後悔しない為の方法

注文住宅で家を建てて良かったことは好きな間取りにできた事です。

和室と洋室と子供部屋の位置を好きなようにできて本当に良かったです。

特に対面キッチンには憧れがあったので、実際に注文住宅で、思い通りにできて幸せです。

後悔したのはドライルームを作ったのですが、思ったよりも狭くて、物干し竿が1本しかかからなかった事です。

良かった点については注文住宅ならではの自分達で、ある程度間取りを考えておき、具体的に工務店やハウスメーカーに伝える事で実現します。

「ここの壁は珪藻土がいい」とか「対面キッチンにしてほしい」とか細かく伝えるとより、自分の理想通りに実現すると思います。

後悔した点については、他のところばかりに目を向けすぎていて、もっとドライルームの活用法を考えるべきだったと思います。そうすれば早めに気づくことができたのではないかと後悔しています。

注文住宅で家を建てる際には、自分の理想を細かく伝える事と、工務店やハウスメーカーに任せず自分自身もきちんと勉強する事です。