住宅の間取りは子供部屋の配置に注意

家作りをするなら、音には気を付ける必要はあります。メインの部屋に音が聞こえてこないかどうかは、よく考える必要はあるでしょう。

例えば子供部屋の配置です。子供によっては、非常にやんちゃな事もあります。ですから自分の部屋で、子供が騒いでしまう事もあるのです。時には子供部屋ではしゃいでいる時の足音が、他の部屋に伝わってしまう事もあります。

それで厄介なのは、寝室に対して音が響いてしまう状態です。例えば2階に子供部屋があるとします。それで1回のすぐ下に寝室があるという状態は、なるべく避けるべきなのです。

2回の部屋では、もちろん子供が騒いでしまう可能性はあるでしょう。それが寝室まで聞こえてきてしまい、家庭内トラブルになってしまう事もしばしばあるのです。やんちゃな子供でしたら、自宅で騒ぐのを防ぐのも難しい話です。

しかし子供部屋の配置を工夫しておけば、その問題を回避できる事はあります。子供部屋を1階に配置するなど、上手く工夫してみると良いでしょう。